Linuxでオーディオ

Linuxで音楽を聴くのは一苦労だったのも今は昔。現在ではドライバなどの整備が進み、むしろ音が良いOSという認識が広がっており、ハイエンドのデジタル・オーディオ機器がLinuxベースということも珍しくなくなりました。アプリ、ディストロも品揃えが広がっています。

解説記事、ポータルなど

オーディオ・プレーヤ(ハイエンド向け)

オーディオ・プレーヤ(デスクトップ)

  • ローカルのデスクトップ環境で使える音楽再生アプリなど。音質重視でALSA出力、外付けUSB-DACが利用可能なものを中心に。
  • Audacious : [ Forum ] – シンプルながら操作性に優れたプレーヤ。ALSA出力、外付けUSB-DACが利用可能。
  • Guayadeque : [ Forum ] – 比較的操作性に優れたプレーヤ。ALSA出力、外付けUSB-DAC、ライブラリ管理が利用可能。
  • Rhythmbox – GNOMEのデフォルトのプレーヤ。DLNAクライアントとしても使えるが、他の機能はやや見劣り。
  • QMMP – Winamp風のプレーヤ。ALSA出力、外付けUSB-DAC、EQ調整が利用可能だが、UIはイマイチ。
  • Quod Libet : [ ガイド(英文)] – GTK+-ベースのシンプルなプレーヤ。ALSA出力、外付けUSB-DAC、EQ調整が利用可能。
  • Strawberry Music Player – 停滞気味のClementineのフォーク。ALSA出力、外付けUSB-DAC、EQ調整が利用可能で、UI・操作性も良い。
  • cmus – CUIベースのプレーヤ。ALSA出力、外付けUSB-DACが利用可能(コマンド入力が必要)。

オーディオ・プレーヤ (クライアント/サーバ)

サウンド・ドライバ / サウンド・サーバ

  • サウンド・ドライバは、サウンドデバイスを用いたLinux上での音楽再生を可能とするカーネルのドライバ。現在ではALSAが事実上の標準となっています。
  • ALSA Project  –  公式HP
  • カーネル用ドライバに加えて、開発者用のライブラリもバンドルされてます。
  • Advanced Linux Sound Architecture和訳) – Arch Wiki
  • A close look at ALSA – Volker Schatzによる解説記事
  • ALSA (Advanced Linux Sound Architecture) – Lieven Moorsによる解説記事
  • ALSA – Gentoo Linux向けのセットアップ記事(@Gentoo Wiki)
  • ALSA Opensrc Org – Mark Constableによる非公式な解説サイト
  • Introduction to Sound Programming with ALSA – Jeff Tranter (@Linux Journal, Sep 2004)
  • Open Sound System – 公式HP
  • OSSは元々Linuxでのデフォルトのサウンドドライバでしたが、商用ライセンスへの移行に伴い、その座をALSAに明け渡しました(現在はオープンソース)。他のUnix系OSにも対応。
  • Docs・サポート: [ Wiki, Forum ]
  • サウンド・サーバは、複数のアプリケーション間での音声データの受け渡しを可能とするデーモン(バックグランド・サービス)で、音楽制作、配信などに有用。高品質の音楽再生のみが目的の場合は特に必要ありません。
  • JACK Audio Connection Kit – 公式HP(主として音楽制作用)
  • Docs・関連記事: [ @公式Wiki, @Wikipedia, @Arch Wiki ]
  • PulseAudio – 公式HP(主としてデスクトップの普段使い用)
  • 関連記事: [ @Wikipedia, @Arch Wiki ]

音楽用ディストロ

  • 主としてオーディオ・ファン向けの特化型ディストロ。
  • AudioLinux(有料): [ 公式スレッド(@Audiophile Style)] – Arch Linuxベースのディストロ。
  • デスクトップ、ヘッドレス・サーバの両タイプを提供。現行版は2019年5月リリース。
  • Audiophile Linux : [ インストール(英文)] – Arch Linuxベースのディストロ。現行版は2017年4月リリースのV4。
  • Audiophile Linux Promises Aural Nirvana – Jack Wallen(@Linux.com) [Feb 2019]
  • Kona Linux: [ はじめに, サポート会議室 ] – 音質にこだわった国産ディストロ。現行版は、Debianベースは2017年3月リリースの4.0、Ubuntuベースは2018年5月リリースの3.0。
  • Ubuntu StudioのPCオーディオ版 – PCオーディオ向けのカスタマイズ版(by ささみんさん、現行版は2018年10月リリース)。
  • Roon Optimized Core Kit: [ インストール, ウェブ設定(いずれも英文)] – Roon専用サーバを構築するためのディストロ。
  • 初期設定後は、更新も含め自動化され、メンテナンス・フリーなのが特徴。
  • 主として音楽制作寄りの特化型ディストロ。
  • Ubuntu Studio : [ HowTos, Forum ] – Ubuntuベース。現行版は2018年4月リリースの18.04。
  • AV Linux – Debianベース。現行版は2019年4月リリース。

その他の関連ソフト

  • PCオーディオ関連のLinuxソフトウェアなど。
  • Kid3 – 楽曲データのタグ管理ソフト。ID3v1、ID3v2の双方に対応。
  • Whipper: [ GitHub, Launchpad ] – 正確性にこだわったCUIベースのCDリッピングソフト。AccurateRip、MusicBrainzを利用。
  • HQPlayer(有料) – 音楽再生時の量子化ノイズ低減用のアップサンプリング・ソフト。使用DACが同機能を有していない方向け。
  • Audacity – 高機能なデジタル・オーディオ・エディター。
  • Linuxでのオーディオ再生関連のユーティリティなど。
  • FFmpeg – オーディオ関連のユーティリティ(エンコード、変換など)。
  • A guide to ffmpeg – your one-stop shop to multimedia – Igor Ljubuncic (@Dedoimedo) [June 2019]
  • GStreamer – オープンソースのマルチメディア・フレームワーク。バックエンドとして、Guayadeque、Quod Libet、Rhythmbox、Strawberryなどが利用。
  • Phonon – KDE/QtのマルチメディアAPI。バックエンドとしてGStreamerやVLCを活用。

2019-09-21audio, distributions, linux